Page: 1/107   >>
「自分らしさ」「あなたらしさ」

みなさまこんにちは^^

コペル赤羽教室の安田です!

 

 

 

 

暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い

 

 

 

 

 

 

暑い(;´Д`)

 

 

 

 

 

 

どこをどう切り取っても暑い!

 

 

 

 

そんな暑い夏!友人からハンカチをもらいました!

 

 

 

 

 

「これ、安田っぽいな〜って思ったんだよね!」

 

 

 

 

 

と、可愛い感じの雷くんが雷鳴を轟かせているデザイン(笑)

 

 

 

 

雷が私っぽい!?

 

 

 

 

不思議に思いハンカチをひっくり返すと

 

 

 

 

挿絵画家の方がデザインしたものらしく、

 

 

 

 

絵本の一節が書いてありました。

 

 

 

 

その中のさらに一節に

 

 

 

 

「いくで!ビビビ!」

 

 

 

 

 

「やるで!ビビビ!」

 

 

 

 

 

という雷ちゃんのセリフが。

 

 

 

 

 

あ、こりゃ私だわ('Д')

 

 

 

 

と納得しました。

 

 

 

 

どこが私らしいかと言われると断言が難しいですが…

 

 

 

 

そうですね…

 

 

 

コミカルさ?

 

 

 

(あ〜ピンとくる言葉が出てこなかったぁ〜)

 

 

 

 

 

私のことを考えながらこのハンカチを買ってくれた友人とは

 

 

 

今後も良い関係を築いていきたいと思います(笑)

 

 

 

 

今日はそんな「自分らしさ」「あなたらしさ」のお話。

 

 

 

 

違いは何か

 

 

 

 

誰が判断するか

 

 

 

ですかね?

 

 

 

 

 

「自分らしさ」「自分」が決めて

 

 

 

 

 

「あなたらしさ」「自分以外」が決める

 

 

 

 

 

私はこの「あなたらしさ」に苦しんできましたよぉ!

 

 

 

 

学生時代は「※1ばんちょうは営業マンに向いてるよね!」

 

 

 

「あ〜たしかにバリバリやってそう!」

 

 

 

※1「ばんちょう」とは小学4年生から大学4年までの12年間使われ続けた私のあだ名です(笑)

 

 

 

 

これをまぁ〜〜〜〜〜〜〜よく言われていたんですよ(笑)

 

 

 

 

今も「営業やってました」と言うと「あ、ぽいですね!」と言って貰えます(笑)

 

 

 

 

 

 

そして当時の私は、以前の記事でも書きましたが、

 

 

 

 

自己分析が出来ていない人間だったので、

 

 

 

 

 

「へぇ〜そっかぁ〜じゃあ営業がいいのかな〜」

 

 

 

 

 

となんっっっっっっっも考えずに就活をして、

 

 

 

 

ガツガツの営業の会社に入社したわけですよ。

 

 

 

 

もう学生時代の自分に会ったら

 

 

 

ハリセンの1発でも食らわせてやりたい気分ですよ!

 

 

 

 

 

「自分らしさから目を背けるな!」

 

 

 

 

 

ってね。※叩くのはいけません。

 

 

 

 

 

 

当時の私は自分の想いや考えを相手に伝えるのが苦手だったんですよね。

 

 

 

 

 

批判されたら嫌だから。

 

 

 

 

 

あくまでも相手からの印象であって、本当の自分はそれ以外でも全然いいのに

 

 

 

 

 

相手が思う私でいなくてはいけない

 

 

 

 

 

と勝手に鎖に巻かれていたんですよね。

 

 

 

 

 

実際、当時はここまでの考えに到達することは出来ませんでした。

 

 

 

 

何故なら、「自分らしさ」と向き合うことすらしなかったから。

 

 

 

 

もちろん、ずっと自分らしくいるのが難しいこともありますよね。

 

 

 

 

子どもたちだってみんなで遊ぶときには自分だけの気持ちを押し通すわけにはいきませんよね。

 

 

 

 

でも根本の「自分らしさ」は胸にしっかりと抱いておいて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

そのために出来ることは

 

 

 

 

 

「批判をしないこと」

 

 

 

 

と過去の経験から思います。

 

 

 

 

子どもたちに対しては

 

 

 

 

「伝えてくれてありがとう」

 

 

 

 

「そういう風に考えてくれたんだね」

 

 

 

「あ〜その考えも良いと思う!」

 

 

 

 

などひとまず受け止めてあげる言葉が出ると良いですよね。

 

 

 

 

 

私も子どもたちと接する上で意識していることのひとつです。

 

 

 

 

こうやって受け止めてもらえたお子さんは、

 

 

 

 

他のお友達のことも受け入れられるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

色々な個性が尊重される世の中で

 

 

 

 

自分らしさを失わず

 

 

 

 

誰かの「自分らしさ」も受け入れる

 

 

 

これからもそんな気持ちを育むレッスンをしていきます。

 

 

 

 

 

暑い夏も体験レッスンを随時行っております^^

 

 

 

日曜に改めてお知らせしますが、10日(月)〜18日(火)はお休みになります。

 

そのためお問い合わせからお返事までお時間を頂戴しますので、予めご了承ください。

 

 

 

★お問い合わせは下記まで★

💻https://copel.co.jp(弊社HP)

☎03-3901-2655(教室直通)

※必ず留守電をお残しください!

✉akabane@copel.info(教室直通)

休校日:月曜・火曜

お教室からのお電話は050-1037-6846で通知されることがあります!

もしこちらの番号からお電話があった場合は、折り返しいただけますと幸いです!

| コペル赤羽教室 | 18:29 | - | - | - | - |